「スポーツ工学に裏打ちされたブランド」米国イーストン、日本参入 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「スポーツ工学に裏打ちされたブランド」米国イーストン、日本参入

新着 製品/用品

スポーツ工学がブランドを支える…米国イーストン、日本参入
  • スポーツ工学がブランドを支える…米国イーストン、日本参入
  • スポーツ工学がブランドを支える…米国イーストン、日本参入
  • 野球用品ブランドEASTON、日本上陸
  • 野球用品ブランドEASTON、日本上陸
  • 野球用品ブランドEASTON、日本上陸
  • 野球用品ブランドEASTON、日本上陸
  • 野球用品ブランドEASTON、日本上陸
野球用品ブランドのEASTON(イーストン)が日本市場に参入する。2月2日都内でイーストンによる会見が行われた。

イーストンブランドの紹介にあたっては、イーストン ベースボール/ソフトボールのダニエル・ビーマー副社長が登壇した。

***(ダニエル・ビーマー副社長)

ローンチイベントにご参加いただきありがとうございます。日本のアスリートによりよい商品とサービスを提供していきます。

弊社は1969年にアルミバットの製造を開始しました。1999年に木製バットの製造を開始、2003年にはサミー・ソーサ選手が500本目の本塁打をイーストン社のバットで放っています。アメリカでは青少年向けバット市場で70%以上のシェアをもっています。2014、15年のリトルリーグのワールドシリーズでは、使用された野球用品の95%がイーストン社のものでした。

イーストンは北米最大の野球用品ブランドです。私どもの強い商品カテゴリーはバットです。キャッチャー用品やバッティンググラブでもかなりの競争力を持っています。また、グラブの開発に投資をしています。

イーストンのブランドを支えるのはスポーツエンジニアリング、スポーツ工学です。弊社のスポーツへの情熱と技術、エンジニアリングへのコミットメントを示したものです。

現場の若いアスリートと多くの時間を過ごします。野球やソフトボールプレイヤーと長い時間を過ごし、用品に対する課題を抽出します。それをきっかけに新技術を探し、開発し、パフォーマンス向上につなげています。

イーストンにおいてはすべてのものにこの発想を適用しています。

例えば「トルクテクノロジー」。ほとんどの打者はスイングをするときはパワーポジションから始めますが、インパクトまでの間に、手を回転させなければいけません。「トルクテクノロジー」は、打点までに速いスイングを支援するもので、インコースの速球を打つために特に生かされる技術です。

日本に新しいスポーツエンジニアリングの商品を投入し、合わせて斬新なデザインの商品も提供します。デザインアプローチは、ミニマルに、大胆に展開します。

日本人アスリートに、南カリフォルニアで生まれたスポーツエンジニアリングの商品を提供します。
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top