澤穂希「夢はみるものではなく叶えるもの」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

澤穂希「夢はみるものではなく叶えるもの」

スポーツ 選手

澤穂希/『スティーブ・ジョブズ』トークショー
  • 澤穂希/『スティーブ・ジョブズ』トークショー
  • 澤穂希/『スティーブ・ジョブズ』トークショー
  • 澤穂希/『スティーブ・ジョブズ』トークショー
  • 澤穂希/『スティーブ・ジョブズ』トークショー
  • 澤穂希/『スティーブ・ジョブズ』トークショー
  • 澤穂希/『スティーブ・ジョブズ』トークショー
アカデミー賞最有力との呼び声も高い映画『スティーブ・ジョブズ』。 公開を直前に控えた2月4日(木)、女子サッカー界のレジェンド・澤穂希が都内でトークショーを開催した。

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えたスティーブ・ジョブズの映画を鑑賞した澤さんは、ジョブズとの共通点について「日頃から全力で物事に取り組むところ」だと言い、「リーダーとは言葉だけでなく、背中で結果を見せることが大切」と話した。

この日、トークショーに招かれたのは大学生約60人。映画を鑑賞したばかりの学生から多くの質問が投げかけられた。

「困難にぶつかったときにどうしますか?」との質問には、「壁にぶつかったとき、まず受け入れます。長さは人によって違うと思いますが、必ず出口があるので、時間が解決してくれると思います。私の場合は、自分の中に閉じ込めすぎずに、周りに相談をしていました。嘘をつかない人は大切にした方がいいと思います」とアドバイス。

また、「結婚の決め手は?」というプライベートな質問に対しても、「友人関係だったときの主人にもいろいろと相談をしていたんですけど、彼は、白黒はっきりしていてグレーがなく、本当に私のことを思って言ってくれる人だったんです。ときには傷つくこともあるんですけどね」と笑顔を見せた。

そのほかにも、「度胸をつけるためには、経験に勝るものはないと思う。プレッシャーが大きいほどやってやるぞ、という気になる」「迷ったときは必ず挑戦する。やらないで後悔するよりも、やって後悔した方がいい」「成功者の共通点は日頃の努力、こだわりが強いこと、オンオフはっきりしていること」と、書き残したくなるような言葉で次々と回答。学生から投げかけられる、全ての質問に真摯に向き合い、素直な言葉で受け答えをする姿は、まさに頼れるリーダーの姿だった。

最後に自身が一番大切にしている言葉「夢はみるものではなく叶えるもの」を、打ち間違えをしながらも一生懸命Mac Bookに打ち込み、紹介。「この言葉を聞くと頑張ろうと思える言葉」だと語った。

「マダム・タッソー東京」より貸し出されたスティーブ・ジョブズの等身大フィギュアとの撮影では、「今日は、デニムに黒色のセーターという装いで、ジョブズさんに合わせてきました」と笑顔を見せ、同じポーズをしてみせるなど、お茶目な一面も見せた。

『スティーブ・ジョブズ』は、2月12日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。

澤穂希、大学生からの人生相談にリーダーシップを発揮! 「夢はみるものではなく叶えるもの」

《text:cinemacafe.net@cinemacafe.net》
page top