阪神・金本監督、藤川球児を絶賛「球の質が違う」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神・金本監督、藤川球児を絶賛「球の質が違う」

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
阪神は2月1日、沖縄・宜野湾キャンプ初日を迎え、ブルペンでは藤川球児らが投球練習を行った。

この日はブルペンの視察に時間を割いた金本知憲監督。目がとまったのは、4年ぶりに古巣に復帰した藤川球児の投球だ。「球の質が違う」と手放しで称賛。

「自分が打席に入ってストレートを狙い打ったとしても、ファウルになるのではないか」と、かつての剛球復活を目のあたりにし、目を細めた。一方で「一番良かったのが藤川球児だった。残念ながら」という言い回しを繰り返した指揮官。若手の投球に期待していた分、物足りなかった様子だ。

これに対して、「それだけ球児の球が走っていたってことでしょ。金本監督が言うなら期待できるんじゃないか」「タテジマのユニホームを着ると、球児はやっぱり人が変わるんじゃないか」「火の玉ストレートで三振をとる姿を甲子園で見たい!」など、藤川に対する期待を膨らませるファンの声が多く挙がっていた。

藤川は当初、先発の方針と言われていたが、この日の状態の良さを見た金本監督は「後ろを任せてもいいかもしれない」と期待を寄せていた。復活を印象づける80球だった。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top