【津々見友彦の6輪生活】長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【津々見友彦の6輪生活】長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」

オピニオン コラム

【津々見友彦の6輪生活】長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」
  • 【津々見友彦の6輪生活】長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」
  • 【津々見友彦の6輪生活】長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」
  • 【津々見友彦の6輪生活】長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」
  • 【津々見友彦の6輪生活】長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」
  • 【津々見友彦の6輪生活】長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」
  • 【津々見友彦の6輪生活】長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」
  • 【津々見友彦の6輪生活】長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」
  • 【津々見友彦の6輪生活】長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」
自転車で走りやすい地方の山道や遠くのサイクリングロードに出かける時、私は都心の自宅から自走すると帰路の体力が不安になる。そこで行きは輪行し、帰りは自走するパターンが多いのだが、輪行することで飛躍的に自転車での行動範囲が広がる。

普段は走れない美しい海辺、風景の豊かな川辺のサイクリングなどが可能になる。その輪行に必要なのが「輪行バッグ」だ。

■輪行バッグも軽さが重要

私の輪行自転車生活は折りたたみ電動アシスト自転車から始まった。この自転車の輪行用純正バッグは丈夫にできていた。さらにバッグごと引っ張れるように車輪まで付いていたが、これが実に重い…。

その後ロードバイクに乗り出してから気が付いたのは、輪行バッグも「軽くなくてはダメ」ということだ。

ロードバイクにリアキャリアを付けていた頃。取材用機材を運ぶため、リアキャリアの左右にフックで止めるバッグを装備していた関係で、「ふわっ」とバイクの上から被せるタイプの輪行バッグを利用していた。荷台があっても邪魔にならないからだ。

ただし、これは底の部分は袋状の口をひもで締めるだけなのでタイヤやぺダルがはみ出しやすい。袋詰めするのは簡単だし軽かったが、これは欠点だった。

現在はリアキャリアの付いていないロードバイクに乗っている。私が気に入っている輪行袋がタイオガの「コクーン(ポーチタイプ)」だ。


現在使っている輪行バッグはタイオガの「コクーン(ポーチタイプ)」

輪行して現地に着いて、組み立てはできるだけ簡単がいい。フロントタイヤのみ外し、リヤタイヤとサドルは付けたままなら最高だ。軽量で、これらの条件に適していたのがタイオガのコクーンシリーズだった。

コクーンには複数のタイプがあり、最軽量モデルの「スーパーライトコクーン」は245gの重さだが、私は普通のコクーン(ポーチタイプ)で、色はブラックにした。重量は270g(シルバーは280g)。

素材は70デニールナイロンを使用し、撥水加工もされている。固定用ストラップ4本とショルダーストラップ、収納ポーチが付属する。サイズは1590mm x H870mm。

私はとてもズボラなのでフロントタイヤを外すだけがいい。今思えば、サドルを取り付けたままでいい「フレックスコクーン」を購入すべきだったが、それを知らずにサドルを外すタイプのコクーンを購入してしまった。

幸いにも実は私のロードバイクのサイズはとても小さいので、多少サドルがはみ出るものの、外さなくても大きな問題はない。その代わり、500円のサドルカバーを購入する羽目にはなったが…。

【長距離サイクリングは輪行バッグで安心…タイオガ「コクーン」 続く】
《津々見友彦》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top