サッカーU-23日本代表、タイに快勝…浅野拓磨「まだまだ厳しい戦いが続きます」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

サッカーU-23日本代表、タイに快勝…浅野拓磨「まだまだ厳しい戦いが続きます」

スポーツ 短信
浅野拓磨のツイッターより
  • 浅野拓磨のツイッターより
リオデジャネイロ五輪アジア最終予選兼U-23アジア選手権のグループステージB組第2戦、日本代表対タイ代表が1月16日にカタール・ドーハで行われた。

U-23日本代表は4-0で快勝し、第1戦の北朝鮮戦の勝利を含む勝ち点6として同組2位以上が決定。グループステージの最終戦を待たず決勝トーナメント進出が決まった。

試合は序盤、相手が優位となる時間は続くも、前半27分にMF遠藤航からのパスをFW鈴木武蔵がトラップで受け、右足で強烈なシュートをゴールに押し込み、先制点を奪ったU-23日本代表。

1-0で折り返した後半4分、左サイドからMF原川力がクロスを挙げるとFW矢島慎也がヘッドで合わせ追加点。後半9分、相手にPKを与えたが、ボールはポストに当たりピンチを逃れた。

後半30分、FW久保裕也が相手GKとの1対1を制し得点を挙げると、後半40分に久保が相手陣内で倒されPKを獲得。自らがキッカーとなり、この日2点目のゴールを挙げた。試合はこのまま終了し、U-23日本代表は怒涛の4ゴールを挙げ、勝利を収めた。

試合終了後、先発出場したFW浅野拓磨がツイッターを更新。「まだまだ厳しい戦いが続きます。より一丸となり頑張りましょう!」と勝利を報告。続くグループステージ最終戦、決勝トーナメントを一丸となり戦うため、ファンに更なる声援を求めている。

次戦のグループステージ最終戦は1月19日にB組の中で最大の難敵とされるサウジアラビアと対戦。U-23日本代表は、連勝で決勝トーナメントへ進むことが期待される。

《桜川あさひ》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top