陸上・藤光謙司、自己新連発の秘訣は「長期プランニング」独占インタビュー | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

陸上・藤光謙司、自己新連発の秘訣は「長期プランニング」独占インタビュー

スポーツ 選手
藤光謙司 参考画像(2015年6月27日)
  • 藤光謙司 参考画像(2015年6月27日)
  • 藤光謙司 参考画像(2015年6月26日)
  • 藤光謙司 参考画像(2015年5月10日)
  • 陸上短距離・藤光謙司、自己新連発の秘訣は「長期プランニング」独占インタビュー
  • 陸上短距離・藤光謙司、自己新連発の秘訣は「長期プランニング」独占インタビュー
  • 陸上短距離・藤光謙司、自己新連発の秘訣は「長期プランニング」独占インタビュー
  • 藤光謙司 参考画像(2015年8月26日)
  • 藤光謙司 参考画像(2015年5月10日)
ゼンリン陸上競技部に所属するスプリンター、藤光謙司(ふじみつ けんじ)選手。身長182cm、体重69kg。5月に30歳の誕生日を向かえる短距離界のベテランは昨シーズン、6月の日本選手権200mで二度目のタイトルを獲得した。

2015年は日本選手権制覇だけではない。4月に出雲陸上300mで日本新記録をたたき出し優勝したのを皮切りに、5月のセイコーゴールデングランプリ陸上200m、10月の国民体育大会100mでもトップでゴールを駆け抜けた。

7月にスイスで行われたSpitzen Leichtathletik Luzernでは、日本歴代2位となる200m20秒13の自己新記録も出した。台頭する若手を抑えて、リオ五輪日本代表の最右翼に名乗りを上げている。

藤光選手に陸上競技との出会い、年齢を重ねても記録を出す秘訣、オリンピックへの想いなどを聞いた。


第99回日本陸上競技選手権大会

---:陸上競技との出会い、短距離を選んだきっかけを教えてください。

藤光謙司選手(以下、敬称略):もともと陸上を始めたきっかけは、友だちに誘われたからなんです。僕は小学校まで5年間サッカーをやっていましたが、団体競技はダメだと思った。団体競技は自分の頑張りが直に結果に影響しない。チームスポーツなので自分が頑張らなくても勝てたり、自分が頑張っても勝てないとか。それが気に入らなかった。

だから、個人スポーツがいいな、中学に入った時にそういう種目にしようと思いました。でもなかなかピンとくるのが見つからなくて…。柔道、剣道、卓球、バドミントンなど、ひとりでできる競技をやってみましたが、どうも違う。

最終的に陸上が残っていて、選択肢として陸上が残っていたわけじゃなく、たまたま「ああ陸上もあったか」という感じですが、友だちに「だったら陸上部入らない?」と言われました。

---:足は速かったのですね?

藤光:当時はそこそこ足が速かったので「入ってくれたら先輩も喜ぶ」と勧誘を受けました。ほかにピンとくるものがなかったので、だったら陸上やろうかなぐらいの感じで始めました。競技に対してあまり興味がなかったんです。

個人競技というカテゴリーで、自分の結果がそのままでるスポーツにたまたま陸上があった。特に陸上部に入ったからといって、何をやりたいわけでもなかった。自分がやりたくて入ったわけではないので…。

だったらとりあえず走っておけば、短距離やっておけば、という感じで始めました。


藤光謙司選手

---:子どものころから背は高かったのですか?

藤光:中学に入った時はそんなに高くないです。卒業するころにはそこそこ大きくなっていました。後ろの方でしたが、めちゃくちゃデカいわけではなかった。身長はそれなりにありましたけど、(体は)もっとペラペラで、ガリガリでした。

【次ページ 年齢を重ねても自己記録を更新し続ける秘訣】
《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top