阪神・江越大賀、長崎で野球教室…阪神OB下柳剛氏から檄 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

阪神・江越大賀、長崎で野球教室…阪神OB下柳剛氏から檄

長崎県出身のプロ野球選手やOBなどが参加した「プロ野球長崎県人会スマイル少年野球教室」が12月25日、波佐見中学校で行われた。

新着 製品/用品
野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
長崎県出身のプロ野球選手やOBなどが参加した「プロ野球長崎県人会スマイル少年野球教室」が12月25日、波佐見中学校で行われた。

このイベントには阪神から江越大賀外野手らのほか、阪神OBの下柳剛氏らも参加。未来のプロ野球選手を目指す子供たちと心地よい汗を流した後は、一人ひとりのサインに応じた。下柳氏は江越が今季の目標として「二桁本塁打」を掲げていることに物足りない様子で、「二桁ではなく20本は打ってほしい」と注文すると、江越も先輩からの金言を受けて目標を上方修正した。入団2年目で20本塁打を記録すれば、岡田彰布監督以来の快挙となる。

これに対して、「江越は今年は5発。来年は開幕1軍スタートで20本は打ってほしい」「阪神の右の大砲って久しく出てきていないからね。2年目に大ブレイクしてほしい」「甲子園でスイングを見たけど、えげつなかった。豪快なホームランをガンガン打ってほしい」「金本監督もかなり期待している打者。来季はやってくれるだろう」など、ファンからは江越の2年目の飛躍を期待する声が多く寄せられていた。

金本知憲監督のもと、新たなスタートをきる阪神。常勝軍団復活に向けて、江越らをはじめとした若手の活躍は必要不可欠だ。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top