山口蛍を獲得したハノーファー、フロンツェック監督が電撃辞任 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

山口蛍を獲得したハノーファー、フロンツェック監督が電撃辞任

スポーツ 短信

ミヒャエル・フロンツェック 参考画像(2015年10月24日)
  • ミヒャエル・フロンツェック 参考画像(2015年10月24日)
  • 山口蛍 参考画像(2015年11月17日)
清武弘嗣、酒井宏樹が所属するドイツ・ブンデスリーガのハノーファーは12月21日、ミヒャエル・フロンツェック監督の辞任を発表した。ハノーファーは同日、山口蛍を完全移籍で獲得したことも発表していた。

昨シーズン途中からチームを建て直し、1部残留を決めたフロンツェック監督。だが今シーズンは開幕から低迷が続き、降格圏内の17位に沈んでいた。監督の辞任理由をマルティン・バーダーCEOは、オンライン上に掲載されたニュース記事が理由だろうと話した。

「彼は明言しなかったが、昨日のニュースで我々が彼を解雇するという記事が出てから、すべてが急展開した。そのニュースはまったく真実ではなかった。彼がその件のあと、直面したさまざまなことに対し考えざるを得なかったことを理解すべきだ」

フロンツェック監督もクラブ公式サイトに出したコメントで、「昨シーズン残留を達成できたのは、チームが互いに信頼し協力できたからだ」という趣旨の発言をしている。何らかの原因で信頼関係が揺らいだのは間違いなさそうだ。

前監督の辞任前に滑り込んだ形で移籍する山口。今回の件が起用法に与える影響も気になるところだ。バーダーCEOは、「我々は移籍市場と新監督、同時にふたつの問題を処理しなければならない」と話す。

「新監督は前監督と同じように、チームのことを実直に考えてくれる人を探す。もちろんまずは1月から監督に就任してくれる人物を探さなければならない。選手の移籍に関してはそれから議論する」

ブンデスリーガは前半戦が終わり、約1カ月の休みがある。この間に新監督を探したい。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top