アーセナルのベンゲル監督、マンC撃破で「優勝への自信を得た」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

アーセナルのベンゲル監督、マンC撃破で「優勝への自信を得た」

スポーツ 短信

アーセナルがマンチェスター・シティに勝利(2015年12月21日)
  • アーセナルがマンチェスター・シティに勝利(2015年12月21日)
  • オリヴィエ・ジルー(2015年12月21日)
12月21日にイングランド・プレミアリーグ第17節、アーセナル対マンチェスター・シティが行われた。優勝を目指すチーム同士の対決は、ホームのアーセナルが前半のリードを守り抜き2-1で勝利している。

マンチェスターCは前半22分、ケヴィン・デ・ブルイネがミドルシュートを放つも、アーセナルのGKペトル・チェフの好セーブに阻まれる。同32分にもスルーパスから抜け出したジルーが、チャンスで右足を振り抜きシュート。しかし枠をとらえることができず点は奪えない。

決定的なチャンスを逃したマンチェスターCに対し、アーセナルは同33分にセオ・ウォルコットがミドルシュートを沈め先制した。さらに前半終了間際、メスト・エジルからのパスを受けたオリヴィエ・ジルーが、相手GKの股を抜くシュートで追加点。

マンチェスターCも後半37分、ヤヤ・トゥーレのゴールで1点は返したが、もう1点取るには残り時間が少なすぎた。

ホームでライバルを下したアーセナルのファンは、「今年こそプレミアリーグで優勝しよう」「この3ポイントは大きい」「3点目を奪えず終盤バタバタしたけど、何とか勝ててよかった」と喜びのコメント。

一方この試合に敗れ首位レスターと勝ち点6差に開いたマンチェスターCには、「いいときと悪いときの差がハッキリしてる」「去年もアーセナル戦で同じような展開を見た気がする。何か対策はなかったのか」とファンからの不満が寄せられている。

この結果によりアーセナルは勝ち点を36に伸ばし、レスターとの2ポイント差を維持している。アーセン・ベンゲル監督は試合後の会見で、「まだリーグ優勝について話すのは早いが、自信は得たと思っている。チームには勝利に値する強さがあった」と語った。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top