室伏広治SD、「東京五輪・パラリンピックの機運に期待」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

室伏広治SD、「東京五輪・パラリンピックの機運に期待」

イベント スポーツ
「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
  • 「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
  • 「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
  • 「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
  • 「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
  • 「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
  • 「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
  • 「Olympic Moves」プレスカンファレンスにて(2015年12月19日)
2020年東京五輪・パラリンピックを盛り上げるためのプロジェクト「Olympic Moves」プレスカンファレンスが12月19日、東京都内の中学校にて、都内では初開催となった。

カンファレンス終了後、東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会スポーツディレクター(SD)室伏広治氏ほか、若手アスリート4名が囲み取材に応じた。

---:今回のプロジェクトの感想をお願い致します。

室伏広治SD(以下、敬称略):このイベントは一過性のものではなく、継続して取り組んでいけたらと思います。そして5年後に向けて、東京五輪・パラリンピックの機運もより高まっていくことを期待しております。

---:新たにデザイン案が決まる新国立競技場が、レガシー(遺産/財産)という面で、どういった競技場になってほしいですか?

室伏:スタジアムの建物のことは当然レガシーとして大事なんですけど、それよりも、スポーツは特別な人(アスリート)だけがやるんじゃなく、多くの人が色んな目的に合わせてスポーツに親しみ、心身ともに健康でいられるのも大切な活動だと。そういった「無形の財産」が広く理解されることも、五輪のレガシーとして大事なことだと思います。
《》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top