【ウェアラブルテック15】バレーボールの心拍表示に室伏広治さん「種目によって大事、個別性もある」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ウェアラブルテック15】バレーボールの心拍表示に室伏広治さん「種目によって大事、個別性もある」

スポーツ 短信
【ウェアラブルテック15】
  • 【ウェアラブルテック15】
  • 【ウェアラブルテック15】
  • 【ウェアラブルテック15】
  • 【ウェアラブルテック15】
  • 【ウェアラブルテック15】
ウェアラブルテックエキスポ2015では、スポーツとテクノロジーのこれからについて、室伏広治さんを交え、情報交換が行われた。登壇者は、室伏広治さんのほか、ケイ・オプティコムの山下慶太さん、meleapの福田浩士さんら。

山下さんは、スマートグラスを使った取り組みを紹介した。

「昨年CESに行ったときにソニーさんがスマートグラスを出されていて、いろいろな人のスポーツに使えるのではないかと思いました。ジョギングなどの際、自分のタイムがわかるアプリ、いままではスマホで確認していたものがグラスに表示されたり、応援の声なども伝わったり、大阪マラソンで実験したのですが、大阪の街中の情報なども表示されるというものです」。

こうした取り組みについて室伏さんがコメント。「なにか動機などがないと人は動けないと思うので、ウェアラブルグラスに情報が出ることは動機付けになると思います」と肯定的に捉えた。

話題は現在開催中のW杯バレーボールにうつる。

選手の心拍数がテレビに表示されていることに関して室伏さんの意見は「心拍がでていると面白いというのはありますが、実際に疲れているのかどうか正確にはわからないのではないかと。選手には抵抗のある人がいるかもしれません。スポーツの場合、競技やポジションによって特徴が違います。種目によっては大事だということと、個別性というものもあります。私はスポーツ心臓ですので、通常の心拍数は極めて低い。人によっても違うと思います」と話した。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top