チェルシーのモウリーニョ監督、残留争いを否定「降格圏にいることは認める」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

チェルシーのモウリーニョ監督、残留争いを否定「降格圏にいることは認める」

スポーツ 短信

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督 参考画像(2015年12月11日)
  • チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督 参考画像(2015年12月11日)
12月14日のイングランド・プレミアリーグ第16節、チェルシーは敵地でレスターに1-2の敗戦。昨シーズン王者がリーグ16位に沈んでいる。降格圏の18位ノリッジとは、わずかに勝ち点1の差しかない。

試合後の会見で記者から「残留争いに巻き込まれていると認めますか?」と質問が出ると、ジョゼ・モウリーニョ監督は猛然と反論した。

「いいや、受け入れない。降格圏にいることは認める。だが残留争いに巻き込まれているとは、受け入れられない話だ。順位表を見れば降格圏にはいるだろう。それはハッキリしていることだ。非常にシンプルかつ実際そうなっている。だが4カ月先までそこにいるとは思ってない」

1-2で敗れた試合については、「我々よりレスターのほうがいい時間が長く、勝利に値する。チェルシーも最後の30分間は悪くなかった」と話している。

「彼らは非常に首尾一貫していて、いかなる間違いも犯さなかった。とてもアグレッシブでインテンシティがあり、テンポもよくメンタル的にも優れていた。そして我々は2失点した。それは受け入れがたいものだ。なぜなら試合を読むことが、私のプレーヤーたちが持っている強みのひとつだからだ。ふたつのゴールは私の仕事が裏切られたように感じ、受け入れるのが困難だ」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top