前ロッテのルイス・クルーズ、巨人が獲得を発表…GG賞獲得の名手 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

前ロッテのルイス・クルーズ、巨人が獲得を発表…GG賞獲得の名手

スポーツ 選手

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
巨人は12月11日、ロッテから自由契約となったルイス・クルーズ内野手について、来シーズンの契約合意に達したと発表した。華麗な守備でファンを魅了したクルーズには、内野手として大きな期待がかかる。

クルーズは2014年からロッテでプレー。2年間で通算打率.247、32本塁打、134打点を残した。助っ人としては物足りない打撃成績だが、クルーズの長所は華麗なグラブさばき。不可能と思われた打球に追いついてからのグラブトスは、何度もパ・リーグのファンを驚かせた。

2015年は主に二塁手としてプレーし、ゴールデングラブ賞も獲得した。だが本人は「遊撃手や三塁手のほうが自信がある」と話しており、内野ならどこでも守れる。

クルーズは球団を通じ、「優勝するために巨人軍に来ました。守備では誰にも負けませんし、皆さんの期待以上のパワフルな打撃もお見せできます」とコメントを出した。

クルーズ獲得にファンからは、「セカンドやるのかサードやるのか。東京ドームなら20発は期待できそう」「内野のポジション争いが激しくなりますね」「すごく楽しみです。若手にはクルーズの守備から学んでほしいですね」と歓迎する声がある一方、「打てる野手を補強しないといけないのに、通算打率.250の二塁手なの?」「片岡に加えて脇谷も連れ戻したのに、さらに二塁手を獲るの?」など疑問も出ている。

守備の巧さは間違いないが、今シーズン貧打に泣かされた巨人ファンが期待するのは、クリーンナップを任せられる外国人バッターだった。その点で少し予想と違ったか。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top