ナポリが公式戦19試合ぶりの敗北、インテルに首位を明け渡す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ナポリが公式戦19試合ぶりの敗北、インテルに首位を明け渡す

セリエAのナポリは12月6日に行われた第15節、アウェーのボローニャ戦に2-3で敗れた。前半の早い時間帯に失点したあと、なかなか点を返すことができなかったナポリ。終了間際に2点を返したが追いつけず、首位の座をインテルに明け渡した。

スポーツ 短信
ナポリが公式戦19試合ぶりの敗北、インテルに首位を明け渡す(c)Getty Images
  • ナポリが公式戦19試合ぶりの敗北、インテルに首位を明け渡す(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
セリエAのナポリは12月6日に行われた第15節、アウェーのボローニャ戦に2-3で敗れた。前半の早い時間帯に失点したあと、なかなか点を返すことができなかったナポリ。終了間際に2点を返したが追いつけず、首位の座をインテルに明け渡した。

ボローニャは前半14分、自陣からの長いパスをマッティア・デストロが走りながら受け、相手DFの裏に抜け出した勢いのままシュート。ゴールネットを揺らして先制した。さらにボローニャは21分にもCKをルカ・ロッセッティーニが頭で合わせ、前半のうちに2-0とリードする。

ナポリも同点に追いつこうと攻勢を強め、何度か決定的なチャンスを作るがボローニャのGKアントニオ・ミランテが好セーブ。後半15分にダメ押しの3点目を奪われ勝敗が決まった。

ナポリのマウリツィオ・サッリ監督は試合後、「判定のミスで先制点を奪われた」と話し、デストロの抜け出しはオフサイドだったと主張した。それでも「ボローニャは先制するにふさわしかった。彼らのほうがボールを追う反応がよかった。それでナポリにたくさんの問題を引き起こした」と相手を称えることも忘れなかった。

「試合を振り出しに戻すチャンスが2度あった。前半終了間際と後半早々のことだ。後半は3回か4回チャンスがあった。あそこで1点でも返していれば違ったはずだ。我々の失敗は追いつけると信じ切れなかったことだ。このチームは80分ひどい試合をしていても、最後の10分で流れを取り戻すことができるんだ」
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top