東芝が圧勝、リコーは初勝利ならず…ラグビートップリーグ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

東芝が圧勝、リコーは初勝利ならず…ラグビートップリーグ

スポーツ 短信

ラグビー イメージ
  • ラグビー イメージ
ジャパンラグビートップリーグ第4節、東芝ブレイブルーパスはリコーブラックラムズと対戦し52-7で勝利した。リコーは開幕から4戦全敗、東芝は3勝1敗の勝ち点15でグループA3位としている。

今シーズンの初勝利を目指したリコーだが、前半4分に東芝の徳永祥尭にトライを決められると、その後も連続でトライを許してしまう。東芝は19-0と大きくリードした前半20分、敵陣深くでラインアウトからモールを組み、最後は梶川喬介がトライ。ボーナスポイントの条件となる4トライ目を早くも奪う。

前半だけで38-0と大量リードを奪われたリコー。後半7分には再び東芝の梶川にトライを決められる。リードを45-0と広げられたリコーは、後半20分ようやく一矢報いる。敵陣深くでパスを受けた山本昌太が、最後は中央に飛び込んでトライ。コンバージョンも決まって45-7とした。

だが東芝は後半27分、ラインアウトからのドライビングモールでまたも梶川がトライ。東芝は8トライのうち6本をラインアウトから決めきる力強さを見せた。

マン・オブ・ザ・マッチには東芝の梶川喬介が選ばれている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top