バリー・ボンズ、マイアミ・マーリンズの打撃コーチに就任 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

バリー・ボンズ、マイアミ・マーリンズの打撃コーチに就任

スポーツ 短信

バリー・ボンズ 参考画像(c)Getty Images
  • バリー・ボンズ 参考画像(c)Getty Images
  • バリー・ボンズ 2006年5月9日(c)Getty Images
イチロー外野手の所属するマイアミ・マーリンズは12月4日、打撃コーチにバリー・ボンズ氏が就任すると発表した。メジャー史上最多の762本塁打を放ったホームラン王が球界に復帰する。

ドン・マッティングリー監督が新たに就任したマーリンズでは、コーチ陣の顔ぶれも大幅に変わっている。ボンズ氏は5人いる新任コーチのひとり。球団の公式サイトでマッティングリー監督は、「このチームの一員になることを決断してくれたことに感動している。マーリンズが発展、改善していくために我々はあらゆることをやっていく。バリーはその中で大きな役割を果たしてくれるはずだ。我々は彼を歓迎する」とコメントしている。

この決定にマイアミのファンからは、「ボンズはオールタイム・ベストの打者だ」「ボンズのコーチ就任を歓迎する。選手は得点圏にランナー出たときの心構えを学ぶべき」「彼がグラウンドに戻ってくるのはうれしい」「彼はステロイドスキャンダル以前、すでに歴史に名を残す打者だった。そのテクニックを選手に伝えてもらいたい」「マーリンズはテレビのホームコメディを見てるみたいだ。完全なジョーク、まったくシリアスさが感じられない」など多くの反応が寄せられている。

ボンズ氏は現役時代の禁止薬物使用が取り沙汰され、圧倒的な成績を残しながら殿堂入り投票で落選が続くなど評価の難しい人物だ。しかし、薬物使用以前から走攻守そろったメジャー屈指の外野手として知られており、1998年には史上初の400本塁打400盗塁を達成している。一方この偉業がボンズ氏に薬物使用を決断させたとも言われる。

当時メジャーを賑わせていたのは、マーク・マグワイアとサミー・ソーサのシーズン最多ホームラン記録争い。その影に隠れ、自身の偉業が小さな扱いしか受けなかったことに、プライドの高いボンズ氏が憤慨したというのだ。

打撃コーチ就任が決まったボンズ氏は球団の公式サイトで、「私にできることは、頭の中にある情報を伝え、彼らと一緒に戦っていくことだ」とコメントしている。

Barry Bonds, new #Marlins hitting coach:

Miami Marlinsさん(@marlins)が投稿した写真 -

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top