後藤武敏「2016年日本一を目指せる戦力は整っている」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

後藤武敏「2016年日本一を目指せる戦力は整っている」

スポーツ 短信
後藤武敏選手
  • 後藤武敏選手
横浜DeNAベイスターズは12月1日、5周年目を記念した企画を発表した。企画では、神奈川県の子供達にベースボールキャップをプレゼントすること、横浜スタジアムを解放し、キャッチボールイベントを行う。

発表会では選手たちによるトークショーが行われた。参加したのは三浦大輔選手、後藤武敏選手、山崎(崎の大が立)康晃選手。

(後藤選手)

僕は移籍してきたときにDeNAとなって、本当に背中を押していただいている感じで感謝しています。

横浜は高校時代から基本的には変わっていないのですが、海も山もあり、きれいな街という印象です。神奈川県の子供達72万という数字が想像つかないのですが、キャップを配布するというのは大きなプロジェクトだと思います。外で元気に遊ぶのが子供達の基本だと思いますので、外に出て遊んでほしいと思います。

子供の頃の夢は一つしかなくて、サッカーやバレーをしたりはしましたけども、プロ野球選手という夢だけは持っていました。

横浜スタジアムを解放するキャッチボールイベントは朝の時間なのですが、プロ野球選手が使っている球場でキャッチボールを体験できるのはすごく嬉しいことだと思いますね。とても高揚感があっていいですよね。

2016年はチームの監督も変わりますし、2015年最下位という成績でしたが日本一、日本シリーズを目指せる戦力は整っていると思います。頑張ります。
《編集部》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top