走りながらスマホアプリを開発するハッカソン開催…東北風土マラソンと連動 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

走りながらスマホアプリを開発するハッカソン開催…東北風土マラソンと連動

イベント スポーツ
走りながらスマホアプリを開発するハッカソン開催…東北風土マラソンと連動
  • 走りながらスマホアプリを開発するハッカソン開催…東北風土マラソンと連動
  • 走りながらスマホアプリを開発するハッカソン開催…東北風土マラソンと連動
  • 走りながらスマホアプリを開発するハッカソン開催…東北風土マラソンと連動
  • 走りながらスマホアプリを開発するハッカソン開催…東北風土マラソンと連動
HackCampは、IT技術を使ってランニングとマラソンの新しい楽しみ方を考え、スマートフォンアプリを開発するハッカソンイベントを2016年2月20日・21日に開催する。

国内初となる実際に走るハッカソンイベントだ。2016年4月24日に宮城県登米市で開催される「東北風土マラソン」の連動企画として実施。

ランナー、応援者、地元住民がマラソン大会をより楽しみ、新しいランニングや応援体験ができ、継続的に参加したくなるようなアイデアの創出とアプリ開発を行う。開発された試作品アプリは、東北風土マラソンで利用してもらい、評価テストを行う予定。

イベントはランナーのニーズを知るために、実際に走りながらのアイデアソンとなる。アイデアは、フルマラソン、リレーマラソン、応援、仮装などの観点からITを使って考える。センサーやビーコンは、運営側で準備の予定。

開発したアプリを使用して、エイドステーションやランニングコースをハックできる。参加対象は、マラソン大会参加経験者、走ることに抵抗がない人、アイデアソン、ハッカソンに興味がある人など。技術者以外も参加できる。

開催場所は、東京都江東区のお台場コワーキング・スペース MONO。参加費は3000円(東北風土マラソンのエントリー代は含まれていない)。なお、東北風土マラソン未参加者もハッカソンへの参加は可能。ハッカソンへの申し込みは12月中旬オープン予定のサイトから行う。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top