キヤノンがNTTドコモに勝利、南ア代表ルルーが快足を見せる…ラグビートップリーグ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

キヤノンがNTTドコモに勝利、南ア代表ルルーが快足を見せる…ラグビートップリーグ

スポーツ 短信
ウィリー・ルルー 参考画像(c)Getty Images
  • ウィリー・ルルー 参考画像(c)Getty Images
  • ラグビー イメージ
ジャパンラグビートップリーグ第2節、キヤノンイーグルス対NTTドコモレッドハリケーンズの試合が11月21日に行われた。前半に大きなリードを奪ったキヤノンが、後半それを守り抜き34-17で勝利している。

前半3分にペナルティゴールを決められ、3点ビハインドとなったキヤノン。反撃は前半24分だった。相手の逆を突き右へ展開したキヤノンは、菊谷崇が逆転のトライ。コンバージョンも決まって7-3とする。その後キヤノンは三友良平がペナルティーゴール2本を決め、リードは13-3と変わった。

そしてキヤノンは前半終了間際の40分、自陣でアダム・トムソンからのパスをトップスピードで受け取ったウィリー・ルルーが、そのまま独走してトライ。南アフリカ代表のルルーは、開幕戦に続き世界レベルの力を見せつけた。

キヤノンは後半9分にも橋野皓介がトライを決め、コンバージョンも成功して27-3までリードを広げた。対するNTTドコモも後半21分、敵陣5メートルラインからのスクラムで、イオンギ譲がトライを決める。コンバージョンも成功して27-10。ようやく一本を返した。

だがキヤノンは後半36分、スクラムから右にボールを出し福居武がダメ押しのトライ。ダブルスコアの大差をつけ勝利した。

マン・オブ・ザ・マッチにはキヤノンのウィリー・ルルーが選ばれている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top