ラグビー日本代表、練習量の多さに選手たちは「もうやりたくない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ラグビー日本代表、練習量の多さに選手たちは「もうやりたくない」

スポーツ 短信

ラグビー日本代表(2015年10月11日)
  • ラグビー日本代表(2015年10月11日)
  • ラグビー日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ 参考画像(2015年9月21日)
ラグビーワールドカップに出場していた日本代表が10月13日に帰国した。ベスト8進出はならなかったものの、1大会で3勝を挙げたのは史上初。今大会限りで退任するエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチについて、選手たちがそれぞれの言葉で語った。

リーチ・マイケル主将は「またエディーさんとやりたいか」との質問に対し、笑いながら「もうやりたくない。きつい」と返した。その理由は世界一とも言われた練習量だ。

その過酷さを大野均は「(6月の宮崎合宿では)1カ月に60回練習した」と振り返る。「1時間の練習でもジャージを絞ったら、汗がバァーって出るくらいの練習を1日3回繰り返してました。また経験したくはないです」

堀江翔太も「自分の人生の中で一番厳しいコーチでした」と話した。

多いときは1日5部の練習があった日本代表。それほどの練習に耐えられたのは、選手とコーチの間に信頼関係が存在したからに他ならない。

大野は「あれだけのハードワークは、エディーさんでないとやらせることができない」と、ジョーンズHCだからこそ選手は信じて過酷な練習に耐えられたと語る。

世界と戦うため限界まで追い込んだ日々を、畠山健介は「これくらいやらなきゃダメなんだなと思えたので、勝つ術を教えてくれた素晴らしいコーチだと思います」と感謝した。そしてエディージャパンでの猛練習は「中毒みたいなもの」と笑いながら続ける。

「練習がきついと言っていた選手が、エディーさんじゃなくなって練習量が減ったら、大丈夫かなと思ってそのうちみんな欲しがるんじゃないですか」。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top