【高校野球】早実・清宮が甲子園第1号、5打点の活躍でベスト8に貢献 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【高校野球】早実・清宮が甲子園第1号、5打点の活躍でベスト8に貢献

スポーツ 短信
甲子園球場
  • 甲子園球場
第97回全国高校野球選手権大会10日目、第1試合は東海大甲府(山梨)と早稲田実業(西東京)が対戦し、序盤から中盤にかけて点の取り合いになった試合は早実が8-4で制した。

大会前は投手力の不安などを指摘された早実。しかし試合を重ねるごとにチームはまとまり、成長してきている。1-1で迎えた三回は先頭打者の玉川遼がヒットで出塁し、清宮幸太郎が真ん中に入ったチェンジアップを逃さずとらえる。打球は右中間スタンドに飛び込む甲子園初ホームラン。怪物ルーキーと大会前から注目された清宮が勝ち越し点を奪う。

試合は東海大甲府もヒットや相手のエラーで五回裏に2点を返し追いすがる。だが六回表に早実は二死満塁から、またも清宮が今度は走者一掃の3点適時二塁打。あと少しでホームランかという当たりがライト線を襲った。

5年ぶりの甲子園でベスト8へ進出した早実に、「待望の初アーチ!! 満員の大舞台で打てるなんて本当に凄い」「清宮君だけじゃなく、いい選手ばかり。このまま勢いに乗って優勝かな」「東海大相模と仙台育英が抜けた強さだけど、早実とやったら面白そう」「早実は斎藤佑樹で優勝したとき以来のベスト8!」など、9年ぶり2度目の優勝にも期待がかかる。

早実の準々決勝は大会12日目、第1試合に決まった。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top