【自転車トラック】JBCF東日本トラック、窪木一茂が3冠…1km、4kmで実業団記録を更新 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車トラック】JBCF東日本トラック、窪木一茂が3冠…1km、4kmで実業団記録を更新

スポーツ 短信
男子1kmタイムトライアル優勝の窪木一茂(Team UKYO)
  • 男子1kmタイムトライアル優勝の窪木一茂(Team UKYO)
  • 男子インディヴィデュアルパーシュート優勝の窪木一茂(Team UKYO)
  • 男子スプリント表彰式、優勝の橋本凌甫(マトリックスパワータグ)
  • 子ジュニアインディヴィデュアルパーシュート決勝の塩崎隼秀(チームグロシャ)
  • 男子ケイリン表彰式
  • 男子スクラッチ優勝の宮澤崇史(レモネードベルマーレレーシング)
  • 男子ポイントレース決勝
  • 男子チームパーシュート決勝(イナーメ信濃山形)
JBCFトラックシリーズ第2戦「第46回JBCF東日本トラック」が8月9日、静岡県伊豆市の伊豆ベロドローム(屋内板張250mトラック)で開催された。大会レポートがJBCF(全日本実業団自転車競技連盟)より届いた。

窪木一茂(Team UKYO)が、1km、4kmで全日本実業団記録を樹立、ポイントレースでも優勝し、第1戦『西日本トラック』に続き3冠を達成した。橋本凌甫(マトリックスパワータグ)もケイリンとスプリントで第1戦に続き2冠を達成。

スクラッチではレモネードベルマーレレーシングの選手兼任監督である宮澤崇史が優勝。団体種目では、全日本個人タイムトラアイルチャンピオンの中村龍太郎を擁するイナーメ信濃山形が圧勝した。

次戦の「第46回JBCF日本トラックチャンピオンシップ」は、11月15日に同会場で行われる。

結果
●男子スプリント
1位 橋本凌甫(マトリックスパワータグ)
2位 森田英児(天狗党)
3位 亀山尊仁(湘南愛輪会)
4位 中川総一郎(SUPER-K ATHLETE LAB.)
5位 林竜広(チーム・チェブロ)
6位 斉藤慶尚(Team Logisty Jack)

●男子1kmタイムトライアル
1位 窪木一茂(Team UKYO)1:05.154 ※全日本実業団新記録、東日本実業団新記録
2位 橋本凌甫(マトリックスパワータグ)1:06.305
3位 皿屋豊(イナーメ信濃山形)1:06.939
4位 渡邉正光(LinkTOHOKU) 1:07.156
5位 武智気吹(エキップユーレーシング)1:08.095
6位 河上陽一(チーム・チェブロ)1:08.259

●男子4kmインディヴィデュアルパーシュート
1位 窪木一茂(Team UKYO) 4:33.381 ※全日本実業団新記録、東日本実業団新記録
2位 渡邉正光(LinkTOHOKU) 4:45.765
3位 SALISBURY Paul(イナーメ信濃山形)4:51.913
4位 山田大介(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)4:53.132
5位 山崎潤(Team Logisty Jack) 4:58.736
6位 柳澤正(Team Logisty Jack) 4:58.876

●男子ジュニア3kmインディヴィデュアルパーシュート
1位 塩崎隼秀(チームグロシャ)3:50.910

●男子ケイリン
1位 橋本凌甫(マトリックスパワータグ)
2位 宮澤崇史(レモネードベルマーレレーシングチーム)
3位 大村慶二(Team Logisty Jack)
4位 小林清仁(航空電子自転車競技部)
5位 林竜広(チーム・チェブロ)
6位 水澤耕一(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)

●男子スクラッチ(10km)
1位 宮澤崇史(レモネードベルマーレレーシングチーム)12:41.05
2位 高橋伸成(FIETS GROEN 日本ロボティクス)
3位 小清水拓也(レモネードベルマーレレーシングチーム)
4位 金井慎次(静岡ガス・電力販売はじめます)
5位 内山雅貴(ボンシャンス)
6位 中里仁(レモネードベルマーレレーシングチーム)

●男子ポイントレース(30km)
1位 窪木一茂(Team UKYO)45p
2位 中村龍太郎(イナーメ信濃山形)30p
3位 山田大介(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)20p
4位 高橋伸成(FIETS GROEN 日本ロボティクス)8p
5位 山口忠行(VICTOIREしまなみ)3p
6位 北澤竜太郎(イナーメ信濃山形-EFT) 3p

●男子チームパーシュート
1位 イナーメ信濃山形(北澤竜太郎、SALISBURY Paul、皿屋豊、中村龍太郎)4:30.821

●男子チームスプリント
1位 イナーメ信濃山形(皿屋豊、中村龍太郎、武田秀明)49.120
2位 Team Logisty Jack(山崎潤、斉藤慶尚、大村慶二)50.177
3位 チーム・チェブロ(林竜広、河上陽一、高橋仁)51.188

●女子500mタイムトライアル
1位 岡本二菜(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)38.571
2位 和地恵美(SUPER-K ATHLETE LAB.)40.093
3位 中里友香(VICTOIREしまなみ)41.989

●女子3kmインディヴィデュアルパーシュート
1位 和地恵美(SUPER-K ATHLETE LAB.)4:14.273

●女子ジュニア2kmインディヴィデュアルパーシュート
1位 平尾愛菜(MINOURA大垣レーシング)2:56.933

●女子ケイリン
1位 岡本二菜(スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ)
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top