【プレミアリーグ】アーセナルに敗れたチェルシー、監督同士の舌戦がヒートアップ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プレミアリーグ】アーセナルに敗れたチェルシー、監督同士の舌戦がヒートアップ

8月2日に行われたコミュニティ・シールドで、昨シーズンFA杯王者のアーセナルがリーグチャンピオンのチェルシーを1-0で破った。アーセナルは同大会連覇を達成。

スポーツ 短信
コミュニティ・シールドでアーセナルが連覇(2015年8月2日)
  • コミュニティ・シールドでアーセナルが連覇(2015年8月2日)
  • アーセナル対チェルシー(2015年8月2日)
8月2日に行われたコミュニティ・シールドで、昨シーズンFA杯王者のアーセナルがリーグチャンピオンのチェルシーを1-0で破った。アーセナルは同大会連覇を達成。

試合はチェルシーが主導権を握っていたが、先制したのはアーセナルだった。前半24分にセオ・ウォルコットのパスからアレックス・チェンバレンのシュートが決まる。追いつきたいチェルシーはラダメル・ファルカオらを投入し反撃に出るも、1点を守り切る覚悟のアーセナルから点が奪えない。

そのまま試合は終了し、敗れたチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、アーセナルの守備的な戦い方を「彼らはロッカールームに哲学を置いてきた」と揶揄した。

対するアーセナルのアーセン・ベンゲル監督は、「哲学を捨てたわけではない。すべては勝利のためだ。その選択を誇りに思っている」と反論。「チームはプレシーズンでいい守備を築いてきた。今シーズンの基盤になる」と勝ちきる強さを強調した。

してやられた気持ちを持っているのは監督だけではない。支配的にゲームを進めながら敗れたことに、チェルシーのガリー・ケーヒルは「パフォーマンスという点で見れば僕らのほうが上だったが、当然ながら大事なのは得点数だ。負けたことにはガッカリしている」とコメント。それでもチームはシーズンに向けた準備中の段階であり、負けはリーグ戦に直接影響しないとした。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top