【全仏オープン15】西岡は光るプレー見せるもベルディハに完敗…大会2日目の日本人情報 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【全仏オープン15】西岡は光るプレー見せるもベルディハに完敗…大会2日目の日本人情報

スポーツ 選手

ダニエル太郎(2015年5月25日)(c)Getty Images
  • ダニエル太郎(2015年5月25日)(c)Getty Images
  • 伊藤竜馬(2015年5月25日)(c)Getty Images
全仏オープンテニスは5月25日に大会2日目が行われ、男子では日本人選手3人が登場した。約50年ぶりに5人の選手が全仏の本戦に進み、期待を持たせた今大会だが、残念ながらグランドスラムでの1勝は遠かった。

■伊藤竜馬0-3(3-6、2-6、2-6)ファビオ・フォニーニ

伊藤竜馬は第28シードのファビオ・フォニーニと対戦し3-6、2-6、2-6のストレートで敗れた。

2012年にはアンディ・マレーに善戦し、観客から大きな声援をもらった伊藤。ローラン・ギャロスでの初勝利を目指したが、相手は2011年のベスト8選手フォニーニ。

試合は常にフォニーニがリードする展開で進み、伊藤もブレークチャンスはあったが活かせなかった。

■ダニエル太郎0-3(3-6、4-6、2-6)フェルナンド・ベルダスコ

第32シードのベルダスコに挑んだのはダニエル太郎。14歳のときからスペインに移住し、クレーコートの本場で練習を重ねてきたダニエル。昨年の全米に続く、グランドスラム本戦出場を果たした。

だが試合はベルダスコが持ち前の強打と、機を見たドロップショットでダニエルを振り回す。「もっとチャンスがあるかと思ったけど、なかったですね」と試合後は冷静に振り返ったダニエル。グランドスラム初戦突破はならなかった。

■西岡良仁0-3(0-6、5-7、3-6)トマーシュ・ベルディハ

19歳の西岡が挑んだのは、大会第4シードのベルディハ。昨年は全米オープンでグランドスラム本戦出場を果たし、仁川アジア大会では男子シングルスで優勝している。

今後が期待される若者だが、第1セットはトップテン選手の圧力に飲まれ、1ゲームもキープできず奪われてしまう。それでも第2セットでサービスゲームをキープすると、ここから持ち前の粘り強いテニスを展開し、ベルディハと対等に打ち合い始める。

最後は格の違いを見せつけられてしまったが、試合後「第2セットは接戦だった。才能はあるが、もっと上のレベルで戦うには力強さが必要だ」と、ベルディハも西岡の今後に期待するようなコメントを残した。

この結果、日本男子は第5シードの錦織圭を残すのみとなり、女子では奈良くるみと土居美咲が2回戦に進出している。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top