Yahoo!とGoogleどっちを使う?…検索サイト利用実態レポート | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

Yahoo!とGoogleどっちを使う?…検索サイト利用実態レポート

ライフ 社会

Yahoo!とGoogleどっちを使う?…検索サイト利用実態レポート
  • Yahoo!とGoogleどっちを使う?…検索サイト利用実態レポート
  • Yahoo!とGoogleどっちを使う?…検索サイト利用実態レポート
  • Yahoo!とGoogleどっちを使う?…検索サイト利用実態レポート
ヴァリューズは、1カ月あたりのキーワード検索回数を検索サイト大手のYahoo!とGoogleで集計。男女別や年代別で比較した「検索サイト利用実態レポート」を公開した。

ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して2015年3月の1カ月間で、Yahoo!での検索回数、Googleでの検索回数を集計。ユーザーがどちらをよく利用しているのかを調査した。

1カ月間でそれぞれの検索回数を集計したところ、全体ではYahoo!検索が53.8%、Google検索が46.2%となった。男女別で見ると、男性はYahoo!検索とGoogle検索の割合が約50%ずつ、女性はYahoo!検索の割合が高く61.7%に。女性はYahoo!派が優勢という結果になった。

次に年代別に、Yahoo!とGoogleの検索利用割合を比較した。20代ではGoogle検索の割合が約60%とYahoo!検索を上回ったが、30代になると約半々となった。さらに、40代以降ではYahoo!検索の割合が高くなっている。

男女に分けた年代別では、20代男性はGoogle検索が約65%、Yahoo!検索が約35%とGoogleがYahoo!の利用を大きく上回っているが、年代があがるにつれGoogle検索の利用割合は減少。60代以上の男性では、Yahoo!がGoogleを逆転した。

女性の20代は、Yahoo!検索とGoogle検索がほぼ半々。しかし、30代以上ではどの年代でもYahoo!の利用が約6割を超え、Googleよりも多くなる。男女とも、20代はGoogleでの検索割合が高いという結果になっている。
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top