【台風6号】沖縄は警報発令時に臨時休校、13日に関東へ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【台風6号】沖縄は警報発令時に臨時休校、13日に関東へ

ライフ 社会

台風の暴風域に入る確率
  • 台風の暴風域に入る確率
  • 台風経路図
 気象庁が5月12日7時45分に発表した台風情報によると、非常に強い台風6号は那覇市の北約160キロの海上を1時間に約60キロの速さで北東へ進んでいるという。12日夜には温帯低気圧に変わるが、非常に強い風を伴ったまま、13日には関東甲信越地方付近を通過する見込み。

 台風6号(ノウル)は、中心付近の最大風速が35メートル、最大瞬間風速が50メートルで、中心から半径80キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 関東甲信地方では南よりの風が次第に強まり、13日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、伊豆諸島で25メートル(35メートル)、関東地方・海上で23メートル(35メートル)、関東地方・陸上で20メートル(35メートル)、甲信地方で13メートル(25メートル)。

 また、関東甲信地方では12日夜から雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨の降るところがあり、13日にかけて大雨となるおそれがある。13日6時までの24時間に予想される雨量は、甲信地方で100ミリ、関東地方南部で100ミリ、関東地方北部で50ミリ、伊豆諸島で80ミリの見込み。

 沖縄県教育委員会は、暴風警報や大雨特別警報が発令されている地方の公立幼小中学校と県立高校、特別支援学校は、臨時休業とすると11日に発表した。正午までに警報が解除された場合は登校となるため、詳細は各園や学校に問い合わせのこと。
《工藤めぐみ@リセマム》

編集部おすすめの記事

page top