【MLB】レッドソックス・上原、日米通算100勝100セーブを達成 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【MLB】レッドソックス・上原、日米通算100勝100セーブを達成

スポーツ 選手

上原浩治が日米通算100勝100セーブを達成(2015年5月10日)
  • 上原浩治が日米通算100勝100セーブを達成(2015年5月10日)
  • 上原浩治が日米通算100勝100セーブを達成(2015年5月10日)
  • 上原浩治が日米通算100勝100セーブを達成(2015年5月10日)
ボストン・レッドソックスの上原浩治投手は5月10日、トロント・ブルージェイズ戦に九回から3番手で登板し、ジョシュ・トーリーに四球を与えたが後続を断ち無失点でセーブを記録。日米通算100セーブを達成した。

九回のブルージェイズは、この試合3安打しているクリス・コラベロから始まる絶好の打順だった。だが上原は冷静に低めのボールを振らせ三球三振に切って取る。その後も上原は抜群の制球力を発揮し、低めにボールを集め凡打を打たせた。

上原は通算129勝を挙げており、キャリアで100勝100セーブを達成した。節目の記録にファンは、「これはさすがとしか言えませんわ」「このまま200セーブ以上あげてほしいね」「先発100勝&100セーブっていうのはすごいな」「日米通算100セーブを達成したことよりも、フォアボールを出した事の方がびっくりした」など、祝福のコメントを寄せている。

今シーズンは開幕前に故障者リスト入り。4月25日の試合ではセーブに失敗するなど、40歳のクローザーを不安視する声もあったが、その後は無失点を続けている。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top