【プロ野球】西武・森、4号決勝本塁打で楽天に快勝! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】西武・森、4号決勝本塁打で楽天に快勝!

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
西武は5月1日、コボスタ宮城で楽天と対戦。6回に森友哉捕手の4号決勝本塁打が飛び出し、西武が4-1で勝利した。

森は楽天戦での抜群の相性の良さを発揮した。今季放った4本の本塁打は全て楽天戦。また、打率は4割を超えている。この日の本塁打について、「浮いてきた球を狙い通りに打った」と、してやったりの表情を見せた森。特に、楽天・先発のレイは開幕4連勝中だっただけに、初黒星をつける貴重な一発となった。

これに対して、「逆方向に大きいのが打てるのが大きい」「まだ19歳。今後が楽しみな選手」「楽天戦でよく打つよな。他のカードでもホームランをどんどん打ってほしい」など、森の打撃を称賛するファンの声が相次いだ。

西武の田辺徳雄監督も「インパクトの強さが抜きんでている。逆方向にあれだけ打てるリ理由」と19歳の若獅子の活躍に目を細めていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top