【プロ野球】ロッテ・涌井が1失点完投勝利…ホームが遠い楽天にファンも呆れ気味 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】ロッテ・涌井が1失点完投勝利…ホームが遠い楽天にファンも呆れ気味

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
QVCマリンフィールドで4月4日に行われたロッテ対楽天、ロッテが初回に挙げた3得点を守り抜き、3-1で勝利した。楽天・則本昂大は3失点完投も実らず、開幕2連敗となった。

則本は初回だけが悔やまれる出来だった。先頭の荻野貴司にヒットを打たれると、根元俊一にもヒットが出て一塁、二塁。パスボールもあり1アウト一塁、三塁とピンチ拡大し4番・今江敏晃にタイムリーヒットで先制を許す。ルイス・クルーズにもレフトへの2点タイムリーツーベースを打たれ、早くも初回だけで3失点した。

楽天は二回にゼラス・ウィーラーの犠牲フライで1点を返すが、ロッテ先発の涌井秀章を攻略できない。涌井は楽天の攻撃を散発の6安打に抑え、9イニングを105球で1失点完投勝利。開幕2連勝を飾った。

昨年FAで西武からロッテにやってきた涌井。8勝12敗と負け越し伊東勤監督の期待に応えられなかったが、2015年は自身としても先発で5年ぶりの2桁勝利を目指す。

【ホームが遠い楽天にファンも呆れ気味 続く】
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top