モデルで「坂バカ」な日向涼子がツール・ド・フランスの1区間に挑戦 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

モデルで「坂バカ」な日向涼子がツール・ド・フランスの1区間に挑戦

スポーツ 短信

日向涼子
  • 日向涼子
  • 日向涼子
  • 記者発表に登場した(左から)日向涼子、陸前高田市の戸羽太市長、片山右京
  • 荒川マナーアップミーティング2014が3月9日に東京都北区志茂の荒川河川敷で行われ、片山右京や自転車愛好家のモデル日向涼子らが河川敷利用者に通行ルールの遵守などを呼びかけた。
  • 2015年のエタップ・デュ・ツールは第19ステージを走る
  • 日向涼子
モデルの日向涼子がツール・ド・フランスの1ステージを走る一般参加レース「エタップ・デュ・ツール」に挑戦する。サンケイスポーツと、産経デジタルの自転車サイトCyclistが相次いで伝えた。

清楚な雰囲気とスレンダーなボディで人気の日向は自転車のロードバイク愛好家としても知られる。とりわけ上り坂が得意で、全国各地のヒルクライム大会に積極参戦。「坂バカはホメ言葉」と自認している。東北復興支援サイクリング大会のアンバサダー、自転車イベントのゲストとしても活動している。

「エタップ・デュ・ツール」はフランスの著名人やプロ選手を含む実力派サイクリストがツール・ド・フランスの1ステージを走る人気イベント。23回目の開催となる2015年の舞台は、アルプスの至宝と言われるリゾート地ラ・トシュールにゴールする距離142km。本番のツール・ド・フランスではアルプス4連戦の3日目、第19ステージにあたる。

2008年には元F1レーサーの片山右京がエタップ・デュ・ツールに参加。オタカムの上りまでトップ集団に加わるなど、その才能を発揮した。同じくピレネーが舞台となった2003年には当時現役F1レーサーだった佐藤琢磨が参戦した。
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

page top