【チャレンジ・マヨルカ15第1日】IAMのペルッキが欧州シーズン初戦をスプリントで制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【チャレンジ・マヨルカ15第1日】IAMのペルッキが欧州シーズン初戦をスプリントで制す

スポーツ 短信
マッテーオ・ペルッキ(IAMサイクリング)
  • マッテーオ・ペルッキ(IAMサイクリング)
  • エリア・ビビアーニ(チームスカイ)
  • ホセホアキン・ロハス(モビスター)
スペインの2015年チャレンジ・マヨルカ、1月29日の第1日トロフェオ・サンタニー~セス・サリネス~カンポスが175.5kmで争われた。最後はスプリント勝負となり、マッテーオ・ペルッキ(IAMサイクリング)が今季初勝利を獲得した。

ヨーロッパのロードレースシーズン初戦となるチャレンジ・マヨルカは、スペインのリゾート地マヨルカ島が舞台。ワンデーレースが、4日間連続で開催される。

他の多くのチームと同じくマヨルカ島で合宿を行ってきたスイスのIAMサイクリングは、その地の利を活かした。レース終盤は周回コースを3周するが、その3周目に集団が分裂。180人あまりの選手が約100人に絞り込まれたが、IAMサイクリングは前方に残った。

そしてラスト500mのコーナーでペルッキを好位置に送り込み、勝利につなげた。

2位はエリア・ビビアーニ(チームスカイ)、3位はホセ・ホアキンロハス(モビスター)。他の注目スプリンター、ナセル・ブアニ(コフィディス)は4位、アンドレ・グライペル(ロット・スーダル)は9位だった。

ダークホースながら、強力なライバルを相手に勝利をつかんだペルッキは「他のチームが集団をバラバラにしようとしたけど、僕たちは終始警戒し、前方でいい位置取りをしていた。チームは僕に全幅の信頼を寄せてくれたので、感謝しなければいけない。今日はチーム全員の勝利だ。僕だけの勝利じゃない」とチームメイトに感謝した。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top