【ツアー・ダウンアンダー15】ロバトがごぼう抜きの上りスプリント「最終周回のパンクからチームが助けてくれた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツアー・ダウンアンダー15】ロバトがごぼう抜きの上りスプリント「最終周回のパンクからチームが助けてくれた」

スポーツ 短信
2015年ツアー・ダウンアンダー第2ステージ、フアンホセ・ロバト(モビスター)が優勝
  • 2015年ツアー・ダウンアンダー第2ステージ、フアンホセ・ロバト(モビスター)が優勝
  • 2015年ツアー・ダウンアンダー第2ステージ、フアンホセ・ロバト(モビスター)が優勝
  • 2015年ツアー・ダウンアンダー第2ステージ、フアンホセ・ロバト(モビスター)が優勝
2015年ツアー・ダウンアンダー、1月21日の第2ステージはフアンホセ・ロバト(モビスター)が上り勾配のスプリントで後方からライバルたちをごぼう抜きし、ステージ優勝をつかみとった。

ロバトは終盤にパンクに見舞われ、スプリントの開始位置が遅れた。しかしそこから力強い加速を見せてライバルたちを一気にかわし、キャリア9勝目をつかみ取った。チームメイトのゴルカ・イサギレも3位に入り、モビスターにとっては最高の1日となった。

「すごくうれしいよ。最終周回でパンクしたんだ。だから、最後の坂ではベストポジションに入れなかった。運よくチームはずっと僕をサポートし、そのトラブルから助け出してくれた。彼らの頑張りに報いる勝利を挙げられて、とても興奮しているよ」

18日のクリテリウムでも2位、前日の第1ステージでも7位と好調をキープしているロバト。

「最後の数mはライバルたちが『ストップした』という感じじゃない。勾配は急だったし、全員にとって難しかった。ペースは速かったし、僕はスプリントのタイミングを計っていたんだ。僕の『距離』ではトップ10になるのか勝利になるのか、気にしていなかった。ただ全速力でプッシュできるところから、全力を出したかっただけだ。運よく、勝てたんだよ」

しかし、今後は自らのためにステージを狙いつつ、チームメイトのために走るとも語っている。

「毎日、どんなコンディションでも力強いスプリントをしようと努力している。明日のフィニッシュは厳しいけど、金曜日(第4ステージ)には自信がある。でも、一番重要なことはゴルカ(イサギレ)とルーベン(フェルナンデス)の総合争いだ。彼らを助けるために懸命に頑張るよ」
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top