2014-15トラックワールドカップ第3戦、女子チームスプリントはロシアが優勝 日本は15位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2014-15トラックワールドカップ第3戦、女子チームスプリントはロシアが優勝 日本は15位

スポーツ 短信
ダリア・シュメレバ 参考画像(2012年8月)
  • ダリア・シュメレバ 参考画像(2012年8月)
2014-15UCIトラックワールドカップ第3戦コロンビア・カリ大会、1月17日の女子チームスプリントはロシアが優勝した。

この種目の世界チャンピオン、ドイツチームが不在の中、ロシアのダリア・シュメレバとエカテリーナ・グニデンコの若手2人が、32秒982でオランダのエリス・リヒトレー/シェーン・ブラスペニンクス組(33秒586)を破り、優勝を飾った。

3位決定戦は、スペインが33秒356でニュージーランドに勝利している。日本のJPC(前田佳代乃、石井貴子)は15位だった。

この結果、ロシアはポイントランキングでも首位に浮上し、390ポイントでワールドカップタイトルを獲得した。2位はオランダで338ポイント、3位はスペインで307ポイントだった。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top