ツール出場決定のボーラ・アルゴン18、ドイツ人選手による総合トップ10を目指す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ツール出場決定のボーラ・アルゴン18、ドイツ人選手による総合トップ10を目指す

スポーツ 短信
ツール出場決定のボーラ・アルゴン18、ドイツ人選手による総合トップ10を目指す
  • ツール出場決定のボーラ・アルゴン18、ドイツ人選手による総合トップ10を目指す
  • ツール出場決定のボーラ・アルゴン18、ドイツ人選手による総合トップ10を目指す
  • ボーラ・アルゴン18のチームジャージ
ドイツのプロコンチネンタルチーム、ボーラ・アルゴン18が2015年ツール・ド・フランスのワイルドカード枠での出場が1月14日に決まった。昨年、チームはNetAppエンデューラの名称でツールに出場しており、2年連続での参戦となる。

チームのラルフ・デンクGMは「夢が叶った。ツール・ド・フランスに復帰することが、今シーズン最大の目標だったんだ。大それた目標だったが、達成した。早めに招待を発表してくれたA.S.O.にも感謝したい。最善にチームを準備する期間が6カ月あるからね」と喜びを表した。

そして、ツールでの目標については「ドミニク・ネルツ(BMCレーシングから移籍)が加入し、今の我々はより強くなっている。彼は現在ドイツ最高の総合ライダーだ。我々はドミニクとともに総合トップ10を争い、ドイツのファンに山岳ステージでも興奮できる機会をもたらすつもりだ。今年のツールでも我々のチームが大きなインパクトを与えると、すでに約束できるよ」と、ドイツ人選手による総合トップ10以内を掲げた。

チームは昨年チェコ人のレオポルド・ケーニッヒ(現チームスカイ)が総合7位、同じくチェコ人のヤン・バルタが個人TT3位に入る活躍を見せた。

一方、2015年はツール生中継が復活するなど、ドイツでの自転車人気が復活しつつある。ドイツ登録のUCIワールドチーム、ジャイアント・アルペシンのスプリンター、マルセル・キッテルは過去2年でステージ通算8勝を挙げるなど、ドイツ人選手の活躍も目立ってきている。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top