オーストラリア・ロード選手権で2つの銀メダル、20歳の神童ユワン「いつかはジャージを獲れる」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

オーストラリア・ロード選手権で2つの銀メダル、20歳の神童ユワン「いつかはジャージを獲れる」

スポーツ 短信
カレブ・ユワン(オリカ・グリーンエッジ)
  • カレブ・ユワン(オリカ・グリーンエッジ)
  • カレブ・ユワン(オリカ・グリーンエッジ)
2015年オーストラリア・ロード選手権、20歳の神童カレブ・ユワン(オリカ・グリーンエッジ)はエリート男子カテゴリーでクリテリウムとロードレースの2種目で銀メダルを獲得し、その存在をアピールした。

オーストラリア人と韓国人のハーフで、そのスプリント力から「未来のカベンディッシュ」と期待されるユワン。まだ20歳ながらもUCIワールドチームに所属しているため、2015年はU23ではなくエリートカテゴリーに初出場することになった。

1月11日のロードレースは当初アシスト役としてスタートしたが、レース展開によって終盤はユワンが勝利を狙うことに。ライバルたちのアタックをチェックしつつ、最後の上りでは自らもアタックを仕掛けた。

「全力を尽くした。スプリントで終わるように、小さな集団を最後までひとつにまとめようとしたんだ。去年のアンダー23と同じシナリオだった。誰も僕をゴールラインまで連れて行きたくないのはわかっていたけど、僕はうまく立ち回る必要があった」とユワンは振り返る。

しかし、最終的にハインリッヒ・ハウッスラー(IAMサイクリング)にスプリントで競り負け、ユワンはチャンピオンジャージ獲得を逃した。

「正直、ヘトヘトだよ。プロ1年目でグリーンとゴールド(のチャンピオンジャージ)を獲得できれば、夢のようなキャリアのスタートだった。惜しかったから、すごく悔しい」

「またここ(オーストラリア選手権)に戻ってくる。おそらく今後15年間はね。いつかはジャージを獲れることを願っているよ」
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top