2015年のスギ・ヒノキ花粉飛散は非常に多く、関東を中心に平年の2~3倍 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2015年のスギ・ヒノキ花粉飛散は非常に多く、関東を中心に平年の2~3倍

ライフ 社会

2015年のスギ・ヒノキ花粉飛散は非常に多く、関東を中心に平年の2~3倍
  • 2015年のスギ・ヒノキ花粉飛散は非常に多く、関東を中心に平年の2~3倍
ウェザーニューズは11月27日(木)、2015年の花粉シーズンにおける全国および各12エリアのスギ・ヒノキ花粉飛散傾向を発表した。

花粉症に悩む人がシーズンの花粉傾向を知ることで、早めの対策を取ってもらうことを目的としている。2015年のスギ・ヒノキ花粉は、2月上旬から関東や九州を中心に飛散が始まる予想。2月上旬~中旬には東海や近畿でも飛散が始まり、3月中旬にかけて東北へ拡大していく見込みだ。

飛散開始後、7~10日間前後で飛散が本格化し、3月中には西~東日本の広いエリアで飛散のピークを迎えそう。また、ヒノキ花粉のピークは3月末~4月中旬の予想。2014年シーズンと比べて、2015年シーズンの花粉飛散量は関東~東海では非常に多く、関東を中心に2~3倍となるため、万全の対策が必要。

マスクや処方薬などの花粉症対策は、飛散開始の2週間前までを目安に準備しておくことをすすめている。
《》

編集部おすすめの記事

page top