新ロード世界王者クビアトコウスキー、地元ポーランドで大歓迎を受ける | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

新ロード世界王者クビアトコウスキー、地元ポーランドで大歓迎を受ける

スポーツ 写真

ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)、2014年UCIロード世界選手権
  • ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)、2014年UCIロード世界選手権
  • ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)、2014年UCIロード世界選手権
  • ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)、2014年UCIロード世界選手権
  • 2014年UCIロード世界選手権・男子エリート・ロードレース、ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)が優勝(中央)、サイモン・ゲランス(オーストラリア)が2位(左)、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)が3位(右)
  • 2014年UCIロード世界選手権・男子エリート・ロードレース、ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)が優勝
  • 2014年UCIロード世界選手権・男子エリート・ロードレース、ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)が優勝
2014年ロード世界選手権を制したミカル・クビアトコウスキー(オメガファルマ・クイックステップ)が、レース翌日の9月29日に母国ポーランドに凱旋帰国し、ワルシャワ空港に降り立った。

オメガファルマ・クイックステップのツイッターにアップされた写真では、大勢のファンが空港に詰めかけ、肩にマイヨアルカンシェルをかけたクビアトコウスキーを出迎え、祝福している様子が伺える。

クビアトコウスキー、そして2014年ツール・ド・フランスで山岳賞を獲得したラファル・マイカ(ティンコフ・サクソ)らの活躍でポーランドの自転車人気もかなり高まっているようだ。


《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に
page top