【UCIロード世界選手権14】オーストラリアのゲランスは初の銀メダル「自分のレースに後悔していない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【UCIロード世界選手権14】オーストラリアのゲランスは初の銀メダル「自分のレースに後悔していない」

スポーツ 短信

2014年UCIロード世界選手権・男子エリート・ロードレース、ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)が優勝(中央)、サイモン・ゲランス(オーストラリア)が2位(左)、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)が3位(右)
  • 2014年UCIロード世界選手権・男子エリート・ロードレース、ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)が優勝(中央)、サイモン・ゲランス(オーストラリア)が2位(左)、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)が3位(右)
2014年UCIロード世界選手権、9月28日の男子エリート・ロードレースで優勝候補だったサイモン・ゲランス(オーストラリア)は2位に入り、自身初の銀メダルを獲得した。

今季のゲランスは、オーストラリア選手権、地元のステージレースのツアー・ダウンアンダー、クラシックレースのリエージュ~バストーニュ~リエージュで優勝。また2週間前に行われたカナダのグランプリ・シクリスト・ド・ケベックとモントリオールでも連勝し、世界選手権が行われたスペイン・ポンフェラーダのコースとも相性がいいと予想されていた。

そのレースでは最終周にアタックしたミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)を捕まえることはできなかったが、追走集団による少人数のスプリントを制して2位表彰台に上がった。

ゲランスは「今日の自分のレースにはそれほど後悔していない。自分よりいい選手に、いい作戦で敗れたんだ。自分が獲得したものには喜べるし、何よりも自分のレースには満足しているんだ」と銀メダルに納得した様子で話していた。
《》

編集部おすすめの記事

page top