【UCIロード世界選手権14】男子ジュニアでボクローがドイツに3つ目の金メダルをもたらす | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【UCIロード世界選手権14】男子ジュニアでボクローがドイツに3つ目の金メダルをもたらす

スポーツ 短信

世界選手権ロードは9月27日に男子ジュニアが行われ、ヨナス・ボクロー(ドイツ)がスプリント争いを制して世界王者の栄冠をつかんだ。

18.2kmx7周=127.4kmのレースは、最終ラップにスウェーデンの2人、ルーカル・エリクソンとハンプス・アンデルベルグがアタック。ボクローも追走するが、この逃げは集団に吸収される。

その後、下り区間でジノ・マーダー(スイス)とステパン・クリアノフ(ロシア)の2人が飛び出すが、ラスト100mとギリギリで集団に捕まり、最後のスプリントはボクローがライバルを圧倒した。アレクサンドル・クリコフスキー(ロシア)が2位、ペーター・レンデリンク(オランダ)が3位だった。

ボクローは「逃げからのスプリント争いになると予想していたから、僕はアタックについていった。この逃げが集団に捕まったときは、ちょっと落ち込んだよ。その後は、今やったみたいなスプリントができるとは思ってなかったんだ。トップ10を狙っていたけど、ワールドチャンピオンは予想していなかった。最高だね」とうれしそうに話していた。

ドイツにとっては今大会で女子エリートと男子ジュニアの個人タイムトライアルに続く3つ目の金メダルとなった。、

《》

編集部おすすめの記事

page top