【UCIロード世界選手権14】勇気あるアタックで虹色ジャージをつかんだクビアトコウスキー「勝利を狙って、リスクを冒した」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【UCIロード世界選手権14】勇気あるアタックで虹色ジャージをつかんだクビアトコウスキー「勝利を狙って、リスクを冒した」

スポーツ 短信

2014年UCIロード世界選手権・男子エリート・ロードレース、ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)が優勝
  • 2014年UCIロード世界選手権・男子エリート・ロードレース、ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)が優勝
  • 2014年UCIロード世界選手権・男子エリート・ロードレース、ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)が優勝
  • 2014年UCIロード世界選手権・男子エリート・ロードレース、ミカル・クビアトコウスキー(ポーランド)が優勝
  • ミカル・クビアトコウスキー(オメガファルマ・クイックステップ)
世界選手権ロードは9月28日に注目の男子エリートが行われ、ミカル・クビアトコウスキーが最後のアタックを決めて、ポーランド人初の世界王者に輝いた。

周回コースの最終周、多くのチームがゴールスプリント争いに向けて仕事をし、その瞬間を待っていたとき、クビアトコウスキーは2つの上りに挟まれた下り区間でアタック。続く最後の上り坂で4人の逃げに追いつくと、そのまま単独で抜け出し、自慢のタイムトライアルの能力を発揮して独走でゴールに駆け込んだ。

追走集団のスプリントを制したサイモン・ゲランス(オーストラリア)が2位、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)が3位に入った。

24歳のクビアトコウスキーは、スタート前の注目度はそれほど大きくなかったが、過去2年間はオメガファルマ・クイックステップの一員として活躍。2014年はクラシックレースのリエージュ~バストーニュ~リエージュで3位に入り、先日のツアー・オブ・ブリテンでもステージ1勝と総合2位を獲得。若い世代とポーランド自転車界を代表する選手へと成長している。

またレース中盤には、ポーランド代表の選手たちがメイン集団をコントロールし、クビアトコウスキーの勝利の伏線を敷いていた。

世界王者の証、虹色ジャージのマイヨアルカンシェルに袖を通したクビアトコウスキーは「最後のラップで僕は絶好調だったし、チームメイトの頑張りにはとても感謝している。僕はただ勝利を狙って、リスクを冒した。数人の選手が計算していて、最後の上りを待っていたからね」とレースを振り返った。

さらに「2日前、U23男子のレースを見ていて、このタイプの勝利が可能だとわかったんだ。特にこのレースでね。僕は全力で走り、少し差を開いた。ただただ信じられないよ」と作戦通りの勝利だったことも明かした。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top