【ツアー・オブ・ブリテン14】第4ステージ、クビアトコウスキーがゴール前で逆転勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツアー・オブ・ブリテン14】第4ステージ、クビアトコウスキーがゴール前で逆転勝利

スポーツ 短信

2014年ツアー・オブ・ブリテン第4ステージ、ミカル・クビアトコウスキー(オメガファルマ・クイックステップ)が優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第4ステージ、ミカル・クビアトコウスキー(オメガファルマ・クイックステップ)が優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第4ステージ、ミカル・クビアトコウスキー(オメガファルマ・クイックステップ)が優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第4ステージ、ミカル・クビアトコウスキー(オメガファルマ・クイックステップ)が優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第4ステージ、アルベルト・ティマー(ジャイアント・シマノ)
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第4ステージ
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第4ステージ
2014年ツアー・オブ・ブリテン(UCIヨーロッパツアー2.HC)、9月10日の第4ステージはウスター~ブリストル間の184.6kmkm。アップダウンが連続するコースで、最後は2級山岳頂上にゴールする。

序盤に形成された8人の逃げ集団からジャック・バウアー(ガーミン・シャープ)とアルベルト・ティマー(ジャイアント・シマノ)の2人が生き残り、2分の差を持ってラスト3kmの最後の上りに差しかかる。

2人の逃げ切りはゴール前数100mまで濃厚かと思われたが、メイン集団からニコラス・ロッシュ(ティンコフ・サクソ)、ミカル・クビアトコウスキー(オメガファルマ・クイックステップ)らがアタックを仕掛け、追走。最後はクビアトコウスキーがゴールライン直前で先頭2人をかわし、逆転でステージ優勝をつかみとった。

同タイムで2位は最後まで粘ったティマー、3位はメイン集団から追走で上がってきたディラン・テウンス(BMCレーシング)。バウアーも同タイムの4位だった。

前日13秒差の総合2位につけていたクビアトコウスキーは、これで総合首位にも浮上した。

空気抵抗の少ないスキンスーツでこのステージに臨んだクビアトコウスキーは「最後の最後に、どこからともなく僕が現れたように見えたかもね。でも、僕たちは勝利のために頑張っていたんだ。ニコラス・ロッシュのアタックはすばらしかったし、僕はそれについていった。先頭2人は僕たちに捕まると思ってなかっただろう。ラスト1kmの標識を見たとき、ゴールは平坦に近いことを覚えていたから、スプリントのチャンスはまだあったんだ。僕が最後のコーナーに入ったとき、後ろには誰もいなかったし、こういうかたちでフィニッシュできてうれしいよ」と満足そうにレースを振り返っていた。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top