「これ以上最高のサヨナラはないよね」とフォイクト…アワーレコード新記録樹立 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

「これ以上最高のサヨナラはないよね」とフォイクト…アワーレコード新記録樹立

スポーツ 短信

アワーレコード世界新記録を樹立したイェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)
  • アワーレコード世界新記録を樹立したイェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)
  • イェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング、参考画像)
現役最後の挑戦として9月18日にアワーレコードに挑んだイェンス・フォイクト(トレックファクトリーレーシング)は、見事に世界新記録を樹立し、プロ生活に別れを告げた。

前日9月17日に43歳の誕生日を迎えたドイツ人のフォイクトは、スイス・グレンヘンの自転車競技場「ベロドローム・スイス」に詰めかけた1400人のファンの前で、アワーレコードに挑戦した。

今年(2014年)、UCI(国際自転車競技連合)は使用自転車によって「アスリーツアワー(アワーレコード)」と「ベストヒューマンエフォート」の2つに分かれていたアワーレコードのカテゴリーをひとつに統合し、現在のトラック追い抜き競技用自転車の使用を許可した。フォイクトは、この新ルールの下での最初の挑戦者となった。

序盤から世界記録更新ペースで走り続けたフォイクトは、最後の10分間でさらにペースアップ。2005年にオンドレイ・ソセンカ(チェコ)が記録した49.700kmを大きく上回る51.110kmの新記録を打ち立てた。

チームを通じ、フォイクトは自らの挑戦を振り返った。

「いつものようにスタートは速すぎたけど、自分をコントロールできないのがまさに僕なんだ。1周目はタイムテーブルより1秒速かったから、少しマイペースを心がけた。でも、調子は最高だった。この瞬間に完璧に合っていたんだ。20分後にリードは1分に広がったけど、まだコントロールできている感覚だった」

「20~40分は十分なリードを持ってマイペースで走っていたし、まだ少しタイムを稼いでいた。ラスト20分は少しスピードアップし、さらに1周リードした。ラスト10分は全開だったよ」

「最初の10分間はペダルの重さを感じなかったし、『これは楽だ!』と思ってたんだ。それから『あーっ、少しマイペースで走った方がいいかも』と考えた。でも、そのスピードで感覚はよかったし、維持できた。実際、楽しめる時間も少しあったんだ」

後半30分、フォイクトはときおりダンシングし、痛みや疲労を感じているように見えた。

「1時間この緊張した姿勢を続けるのはかなりタフだよ。サドルで僕が座っているところが、かなり痛み始めたんだ。だから、10周ごとにサドルから立って、ストレッチし、お尻のプレッシャーを開放していた。今後数日はサドルに座らなくていいから、うれしいよ!」

「クリス・ボードマンがアワーレコード挑戦の後どうやって歩いていたか覚えているけど、僕もそこから遠くないね。今は脚を引きずっている。お尻の筋肉が痛いんだ! ボードマンは1997年に僕の最初のルームメイトだった。これ以上最高のサヨナラはないよね」
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top