【ツアー・オブ・ブリテン14】第1ステージでキッテルが優勝、カベンディッシュは落車しながらも3位 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツアー・オブ・ブリテン14】第1ステージでキッテルが優勝、カベンディッシュは落車しながらも3位

スポーツ 短信

2014年ツアー・オブ・ブリテン第1ステージ、マルセル・キッテル(ジャイアント・シマノ)が優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第1ステージ、マルセル・キッテル(ジャイアント・シマノ)が優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第1ステージ、マルセル・キッテル(ジャイアント・シマノ)が優勝
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第1ステージ、マーク・カベンディッシュ、アレックス・ダウセット、ブラッドリー・ウィギンス
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第1ステージ、ベン・スウィフト、イアン・スタナード
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第1ステージ
  • 2014年ツアー・オブ・ブリテン第1ステージ
イギリス最大のステージレース、ツアー・オブ・ブリテン(UCIヨーロッパツアー)が9月7日に開幕。全8日間9ステージの第1ステージは、リバプールの13.1kmの周回コースを8周する平坦な104.8kmで争われた。

レース序盤は4人の逃げが形成されるが、メイン集団では地元イギリスのマーク・カベンディッシュ(オメガファルマ・クイックステップ)がクリートトラブルのため遅れ、チームメイトのマーク・レンショーとともに集団復帰を試みていた。

しかし、2人は残り3周でチームカーとぶつかって落車。その後、集団がペースを落としたため、なんとかカベンディッシュはレースに復帰することができた。

最後は集団スプリントで決着し、マルセル・キッテル(ジャイアント・シマノ)が優勝。2位はニコラ・ルフォーニ(バルディアーニCSF)、3位にはカベンディッシュが意地のスプリントで入った。

キッテルは今季ジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランスのイギリス開催のステージで3勝を挙げており、イギリスとの相性のよさを再び証明した。

リーダージャージも獲得したキッテルは「かなり混乱していたけど、運よく僕たちは右側に留まる決断をした。最初は差が大きくて間違った判断かと思ったけど、左側でクラッシュがあったので、前に出ることができた。ここのファンと会えて、暖かく歓迎してくれるのは、本当にうれしいよ」と喜んでいた。
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top