【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第13ステージ速報、コフィディスのナバロがゴール前アタックでグランツール初勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】第13ステージ速報、コフィディスのナバロがゴール前アタックでグランツール初勝利

スポーツ 短信

ブエルタ・ア・エスパーニャ第13ステージを制したダニエル・ナバロ(コフィディス)
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第13ステージを制したダニエル・ナバロ(コフィディス)
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ第13ステージで首位を守ったアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)
  • ブエルタ・ア・エスパーニャ14第13ステージ残り5kmのプロフィールマップ
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、9月5日の第13ステージはベロラド~オブレゴン・パルケデカバルセノ間の188.7km。レースは終盤の戦いに突入した。

残り20kmでルイス・マテマルドネス(コフィディス)、マキシム・メデレル(ヨーロッパカー)の追走2人がメイン集団に捕まり、後方ではケニー・エリッソンド(FDJ)がリタイアとなった。

山岳で抜け出した先頭5人からは、アレクセイ・ルチェンコ(アスタナ)が残り15kmで単独アタック。しかし残り7kmで捕まり、勝負はメイン集団の争いにゆだねられた。

残り2.5kmの上り坂に入ると何人かの選手がアタックを仕掛け、ここからダニエル・ナバロ(コフィディス)がひとりで抜け出す。

後方ではダニエル・マーティン(ガーミン・シャープ)、クリストファー・フルーム(スカイ)らがアタックを試み、さらにダニエル・モレノ(カチューシャ)が激しい追走を見せるが、あと一歩及ばず。ナバロが逃げ切って、グランツール初勝利を飾った。

2秒差で2位はモレノ、3位はウィルコ・ケルデルマン(ベルキン)。総合上位陣は5秒差の4位集団でゴールし、順位に大きな変動はなかった。

この結果、総合首位のマイヨロホはアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)がキープ。その他のジャージも動かず、ポイント賞はジョン・デゲンコルプ(ジャイアント・シマノ)、山岳賞はルイス・マス(カハルラル)、複合賞はアレハンドロ・バルベルデ。敢闘賞はルイスレオン・サンチェス(カハルラル)が受賞した。
《》

編集部おすすめの記事

page top