柔軟な発想で野球が変わる? 極端陣形に「王シフト超えた」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

柔軟な発想で野球が変わる? 極端陣形に「王シフト超えた」

スポーツ 動画

動画キャプチャ
  • 動画キャプチャ
  • 動画キャプチャ
8月29日、ペトコパークでの一戦、パドレスvsドジャースで珍しい光景がみられた。

延長12回裏、1アウト満塁で打者は左バッターボックスにセス・スミス。1点も許せない状況で、ドジャース守備陣は、ファーストベースとセカンドベースを結んだライン上に4人を配置した。

その分、セカンドベースとサードベースの間はがら空きで、外野手も2人になった。

セス・スミスは右方向への打球が多いためこの陣形をとり、このときの打球は狙い通りこの4人が集中した網にかかった。バックホームで本塁フォースアウト、ファーストへの転送はセーフだった。

これに関してファンからは

「単にパワープレー」
「何これwww」
「ルールとして問題ない戦術ならいいんじゃない?」
「王シフト超えた」
「これは凄すぎ」

などの意見が出ている。

《編集部》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top