【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】ライバルのアタックに反応できなかったフルーム「ついていく脚がなかった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】ライバルのアタックに反応できなかったフルーム「ついていく脚がなかった」

スポーツ 短信

クリストファー・フルーム(チームスカイ)
  • クリストファー・フルーム(チームスカイ)
  • 総合争いをする選手たち(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第9ステージ)
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、8月31日の第9ステージ、これまで中間スプリントやゴール前のアタックでわずかな秒差も奪いにいったクリストファー・フルーム(スカイ)だが、この日は主要なライバルから23秒の遅れをとることになった。

フルームはこれで首位から28秒差の総合5位に後退したが、休息日の次の第10ステージは得意とする個人タイムトライアルが待っている。チームの公式サイトを通じ、フルームは次のように語っている。

「天候が厳しかったね。でも、収穫はあったと思う。チームはこのステージでずっと僕を前にキープしてくれた。終盤、トップ選手が飛び出したときに、僕にはついていく脚がなかったんだ」

「でも、ツールからの連続出場とこのレースまでの調整を考えると、ここまでの展開には満足している。僕の脚はレースのリズムを取り戻そうとしている感じだし、後半戦に期待している」

「明日(休息日)はタイムトライアルのコースを見に行く。他のTTと比べると短いね(36.2km)。でも、僕はTTが好きだし、これを最大限に活かせることを願っている」

「コンタドールはすごく調子がいいと思う。あっという間にケガを克服したし、いい走りをしている。キンタナとロドリゲスもだね。総合で予想通りの選手たちだ。この戦いは激しいし、最後まで重要なレースが続くだろう。どこであろうと、1秒1秒が重要なんだ」
《》
≪関連記事≫
≫J1リーグで身長の高い選手ランキングを作成してみたら、トップ5選手は全員〇〇だった

≫メドベージェワの黒縁メガネ姿が可愛い!以前は『ユーリ!!! on ICE』のコスプレも

≫羽生結弦のモノマネ芸人、小塚崇彦&中家佐奈に怒られる?

編集部おすすめの記事

page top