【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】初めて首位に立ったキンタナ「今日は脚の調子がよかった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】初めて首位に立ったキンタナ「今日は脚の調子がよかった」

スポーツ 短信

キンタナが総合首位に(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第9ステージ)
  • キンタナが総合首位に(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第9ステージ)
  • 最後までアシストを残していたカチューシャ(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第9ステージ)
2014年ブエルタ・ア・エスパーニャ、8月31日の第9ステージでナイロ・キンタナ(モビスター)はチームのもうひとりのエース、アレハンドロ・バルベルデから総合首位のマイヨロホを譲り受けたかたちとなった。

速いペースでレースが進む中、モビスターは大半に渡ってメイン集団をコントロールした。残り2kmでライバルのアルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)が鋭いアタックを見せたときに、キンタナはホアキン・ロドリゲス(カチューシャ)とともに追走。最後は3人が同タイムでゴールした。

最初の頂上ゴールだった第6ステージではキンタナがわずかに遅れたが、この日は総合首位のバルベルデがキンタナら3人から23秒遅れたため、順位は逆転。キンタナが総合2位から首位に上がった。2014年のジロ・デ・イタリアで総合優勝したキンタナだが、ブエルタでは初めてマイヨロホと呼ばれるリーダージャージを獲得。

しかし、ライバルとの差は僅差だ。ブエルタは9月1日の休息日を挟んで、9月2日の第10ステージで重要な個人タイムトライアルが待っている。チームを通じたキンタナのコメントは以下の通り。

「いつも僕はあらゆる天候を得意とするんだけど、序盤の暑さでちょっと調子を崩していた。今日は脚の調子がよかったし、ジャージをチーム内で守ろうとがんばった。チームメイトたちは本当によく頑張ってくれたし、僕はこのリーダージャージを奪おうとする優勝候補の背後についていけた。実際、僕はゴールまで彼らにくらいついていたんだ」

「今日のステージは、大きな絞り込みにはならなかった。僕は首位に立ったけど、現時点で結論を出すのは意味がない。最後まで守れるかはわかららないんだ。それが希望だけど、難しいだろう」

「僕はタイムトライアルは苦手じゃないけど、スペシャリストでもない。火曜日は自分のチャンスを守り、このジャージをキープするために全開で走るよ。今日の結果は、僕がこのチームのエースになる準備ができている証明だ。でも、ここでは議論しない。僕たちは2人ともエースだ。アレハンドロか僕かは関係なく、目標はチーム内でジャージを守ることなんだ」
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top