高校軟式野球、準決勝延長50回を制した中京が優勝…祝福、日程課題視の声も | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

高校軟式野球、準決勝延長50回を制した中京が優勝…祝福、日程課題視の声も

スポーツ 短信

第59回高校軟式野球の全国大会で準決勝、延長50回という試合を制し、崇徳を下して決勝に進んだ中京。勢いそのままに、決勝でも三浦学苑を下して優勝した。

8月31日午前に4日目となる準決勝の延長を戦い、決勝はその午後に実施。0-2で中京が勝利した。

準決勝を投げきった中京の松井投手は、決勝もリリーフとして登板し勝利に貢献。

ファンからは、「おめでとう」「ゆっくり休んでください」といった声の一方、松井投手が6日間で1000球を超える投球数に達したことにより、「すごい」という声のほか、4日にわたる準決勝は異例だが改めて日程を考える必要があるのではないか、といった声もあがっている。







《編集部》

編集部おすすめの記事

page top