【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】ツールでスーパー敢闘賞のデマルキが独走勝利。総合首位はバルベルデがキープ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブエルタ・ア・エスパーニャ14】ツールでスーパー敢闘賞のデマルキが独走勝利。総合首位はバルベルデがキープ

スポーツ 短信

暑い日が続きます(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第7ステージ)
  • 暑い日が続きます(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第7ステージ)
  • 中盤で落車したフルーム(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第7ステージ)
  • メイン集団(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第7ステージ)
  • 終盤から独走したデマルキが優勝(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第7ステージ)
  • 4人の逃げ集団が形勢(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第7ステージ)
  • 落車したイェーツ(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第7ステージ)
  • ヘシェダルたち4人が逃げる(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第7ステージ)
  • 総合リーダーのバルベルデ(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第7ステージ)
スペイン全土を舞台に3週間かけて行われるステージレース、第69回ブエルタ・ア・エスパーニャ。

第7ステージがアレンディンからアルカウデテまでの169kmで行われ、前半から逃げに乗ったイタリアのアレッサンドロ・デマルキ(キャノンデール)が独走で優勝した。

なかなか逃げのアタックが決まらない日だった。そんな中、総合優勝候補クリストファー・フルーム(スカイ)が落車。右太ももに擦過傷を負い、一時メイン集団から1分ほど遅れたが最初の山岳ポイントの前には無事復帰した。

この日は前半にカテゴリー3級、後半に同2級の山岳ポイントを越える。アップダウンの多い逃げ向きのコース設定だったがスタートから1時間後、やっと4人の逃げが決まった。

ユベール・デュポン(コフィディス)、ライダー・ヘシェダル (ガーミン・シャープ)、ヨハン・チョップ(IAMサイクリング)、そして7月のツール・ド・フランスでスーパー敢闘賞を獲得してパリ表彰台に上ったアレッサンドロ・デマルキ(キャノンデール)だ。

後半になりランプレ、トレックファクトリーレーシングがメイン集団を牽くが逃げ集団とのタイム差はなかなか縮まらない。残り40kmとなっても5分以上の差が開いていた。4人は順調に逃げていたが残り15kmでユベール・デュポン(コフィディス)が脱落、次にヘシェダルが緩いカーブでスリップして落車。

残されたふたりはヘシェダルを気にかけていたが待っていると後続に捕まる。後続との差は3分ほどになっていた。脚を緩めることなくゴールを目指すが間もなくチョップも遅れる。そこからデマルキの一人旅だ。

チームカーのスタッフと優勝を分かち合いながら、デマルキはひとりゴールへとやってきた。初めてのブエルタ区間優勝は今シーズン初勝利となった。

総合争いは首位のバルベルデから15秒遅れで2位ナイロ・キンタナ(モビスター)、18秒遅れで3位アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)、20秒遅れで4位クリストファー・フルーム(スカイ)となっている。

フルームはメイン集団3番手となる7位でゴール。わずかに後続と差が開き、8位以下の選手に2秒タイム差を付けた。これにより総合成績も3位コンタドールとわずか2秒差に迫った。

第8ステージは山岳ポイントがない平坦のスプリンター向けコース。翌日が山頂ゴールで出番のないスプリンター勢によるゴール勝負が見られることだろう。

大会は総距離およそ3240km、9月14日まで全21ステージで行われる。

《五味渕秀行》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top