【ブルゴス一周14】ブエルタ前哨戦、僅差の最終日TTでキンタナが総合2連覇達成 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ブルゴス一周14】ブエルタ前哨戦、僅差の最終日TTでキンタナが総合2連覇達成

スポーツ 短信
ナイロ・キンタナ(モビスター)2014年ジロ・デ・イタリアより(参考画像)
  • ナイロ・キンタナ(モビスター)2014年ジロ・デ・イタリアより(参考画像)
  • アレクセイ・サラモンティン(ラトビア)
スペインの2014年ブルゴス一周(UCIヨーロッパツアー2.HC)は、8月17日に最終日の第5ステージが、アランダ・デ・ドゥエロでの12.45kmの個人タイムトライアルで行われた。コースは、短い上り坂と平坦な道で構成されている。

最終日の注目は、同タイムで総合首位と2位につけるダニエル・モレノ(カチューシャ)とナイロ・キンタナ(モビスター)の争い。

最後から2番目に出走したキンタナは、序盤は中間計測でモレノに遅れをとるも、その後は挽回。最終的にステージ優勝を挙げたアレクセイ・サラモンティン(IAMサイクリング)から1秒差の2位でゴールした。モレノも好走を見せたが、3秒差の5位に終わった。なお、ステージ3位は2秒差でイマノル・エルビーティ(モビスター)が入っている。

この結果、キンタナはモレノにわずか3秒差をつけてブルゴス一周の2年連続総合優勝を達成。ジロ・デ・イタリア制覇以来2カ月半ぶりの実戦だったが、8月23日に開幕するブエルタ・ア・エスパーニャに向けて好調さをアピールした。

今季7勝目を挙げたキンタナは「僕にとって本当に重要な勝利だ。この勝利だけじゃなく、ブエルタ前に大きな自信がついたからだ。現時点で僕より強いライバルはいると思うけど、僕は調子を上げつつあるんだ」と自信を高めていた。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top